About

  • Macintosh の自作ソフトウェアを公開しています。
  • 配布しているアプリケーションは、すべてフリーウェアかつソースコードを公開しています。
  • コメント、不具合の報告、ご要望を待っています。

Donation

このサイトで配布しているソフトを常用されている方は寄付をお願いします。

Tags

2016.09.28

14:37:39Permanent Link

RSS ファイルの不具合を修正した。

このサイトは更新情報を RSS で配信しています。しかし、自分の理解がいい加減でいろいろと不手際があり、一部の RSS リーダーでは正常に読み込めなかったようだ。

寄付をいただいた Tamura さんからご指摘いただいた。寄付をいただけるだけでなく、Feed Validator なる便利なサイトを教えていただいた。ありがたい。

09:39:07Permanent Link

Tamura さん、寄付ありがとうございました。

約5ヶ月ぶりに寄付をいただきました。ここまで間隔が空いたことはいまだかつてないかも。

救われた心持ちです。誠にありがとうございました。

TeX Tools for mi をお使いいただいているとのこと。159人目。

2016.09.22

13:30:16Permanent Link

PutawayDMG 1.3 : オンラインソフトのインストール後のディスクイメージの後片付け

マウントされているディスクイメージボリュームをアンマウントして、そのボリュームのディスクイメージファイルをゴミ箱に入れます。オンラインソフトのインストール作業の後片付けに便利です。

多くのオンラインソフトはディスクイメージファイルとして配布されております。必要なものをコピーした後は、ディスクイメージファイルは不必要になるので、

  1. ディスクイメージボリュームをアンマウント
  2. Finder でディスクイメージファイルを表示させる。
  3. ディスクイメージファイルをゴミ箱に入れる。

という手順で後片付けをされているかと思います。煩雑な作業だと思うのは僕だけでしょうか?PutawayDMG は、上記の作業を一気に行います。

Finder でディスクイメージボリューム(もしくは内包されているファイル/フォルダ)を選択し、適当なランチャー(Dock, スクリプトメニュー, Sportlight メニュー, DragThing, LaunchBar, Quicksilver)から起動してください。選択されているディスクイメージボリュームがアンマウントされ、対応するディスクイメージファイルがゴミ箱に入ります。

変更点:

  • カスタムアイコンをつけた。
  • コード署名をつけた。
  • Sparkle フレームワークによる自動アップデート機能を追加。
  • 名称を Putaway Disk Image File から変更した。

へぼいカスタムアイコンをつけました。

だれか、かっこよくしてください m(__)m。

macOS Sierra が公開されましたね。GateKeeper が世知辛くなったとのこと。公開しているソフトにコード署名をつける作業していますが、全く間に合いませんでした (T-T)。

2016.09.15

20:13:11Permanent Link

FileSorter 3.1.6 : ファイルの参照のリストを、Finderで表示されている順番に並び替え

FileSorter はファイルの参照のリストを、Finder で表示されている順番に並び替える(ソート) AppleScript ライブラリです。このライブラリを使えば、Finder をソートの順番変更のインターフェースとして利用できるようになります。

アイコン表示、リスト表示、カラム表示に応じてソートの仕方を自動的に選択します。

変更点 :

  • ModuleLoader 3.0 との互換性を修正。
  • Help Book バンドルの構造をアップデート
    • Mac OS X 10.6 以降が必要です。

2016.09.12

18:16:01Permanent Link

ファイルの制作日と修正日をコピーする AppleScript

ファイルの作成日と修正日を別のファイルにコピーする AppleScript のサンプルです。

ファイルの同定や発見にいつ頃のファイルか?というのは重要な情報だと思います。あの内容のファイルはいつ頃だったけ〜という、うろ覚えの感覚を頼りしばしば古いファイルを探すことがあります。

ファイルの容量を圧縮するために画像フォーマットの変換や圧縮をした時に、元のファイルの時間情報が変換/圧縮後のファイルにあると、そんな時に便利かなと思って、画像変換のスクリプト(未公開)や ZipArchiver に使おうと思っています。

use AppleScript version "2.4"
use scripting additions
use framework "Foundation"

on run
set src_path to "/path/to/source.BMP"
set dest_path to "/path/to/dest.png"
copy_timestamp(src_path, dest_path)
end run

on copy_timestamp(src_path, dest_path)
tell current application's NSFileManager's defaultManager()
set attr to its attributesOfItemAtPath:src_path |error|:(missing value)
set a_dict to {NSFileCreationDate:attr's objectForKey:"NSFileCreationDate", NSFileModificationDate:attr's objectForKey:"NSFileModificationDate"}
its setAttributes:a_dict ofItemAtPath:dest_path |error|:(missing value)
end tell
end copy_timestamp

< Previous Topics